院長ご紹介

院長のご紹介  

中村 秀喜 院長

院長略歴
昭和55年 3月25日
群馬大学医学部医学科卒業
昭和57年10月 1日
金沢医科大学専修生(血清学)
昭和62年 9月16日
医学博士の学位授与(金沢大学医学博士第963号)
昭和55年 5月17日
金沢医科大学病院老年病科研修医
昭和59年 5月 1日
金沢大学医学部助手(公衆衛生学講座)
平成 3年 7月 1日
金沢大学医学部講師(公衆衛生学講座)
平成 4年 1月15日
徳島大学医学部助教授(公衆衛生学講座)
平成12年 4月
石川県立看護大学教授(健康科学講座)
平成14年 1月
栗山病院院長

 


診療方針

1.「個別性」に配慮した「安全かつ適切なケア」を追求する

   その人らしい生活を基本とし、「いのちの質(QQL)」だけでなく、
   「いのちの大切さ(DOL)」を考慮した「個別ケア」をめざし、
   患者様本人や家族様との出会いと別れを大切にする。


2.「安全かつ適切なケア」に関するチーム内の「対話」を積極的に行う

   「リスクコミュニケーション」に裏打ちされたチームケアをめざし、
   「安全かつ適切なケア」とは何かを、スタッフが共に考え、共に学ぶ
   また、積極的な「対話」を通じて、「チームコミュニケーション」を
   円滑に行い、「安全に関する情報の共有」を図る。


3.「説明と選択」に必要な「対話」を充分に行う

   「安全かつ適切なケア」を提供するため、患者様本人や家族様への
   説明と選択(インフォームド・チョイス)を前提に、
   医者者と患者様本人や家族様との「対話」を実現し、「信頼関係」を築く。

2012年11月